ジャンヌ・ダルクが残した言葉とは

ジャンヌ・ダルクが残した言葉にはどのようなものがあるのでしょうか。

彼女は農夫の娘として生まれました。

決して今のように当たり前のように学校に通ったというわけでもなく、彼女は19歳で短い人生を終えるまで文盲だったと言われています。

そのため、異端裁判の時に署名させられた書類が改ざんされており、死刑宣告に等しいものだったことに気付かなかったとさえ言われています。

そんなジャンヌ・ダルクはどのような言葉を残したのでしょうか。

ここではジャンヌの言葉について解説します。

スポンサーリンク
joan-arcレクタングル大

「一度だけの人生、それが私たちの持つすべてだ」

12歳で神の啓示を受けて従軍を決意したジャンヌ・ダルクは、人間は神と違って死ぬことがないわけではなく、いつかその人生を終えなければならないという事を理解していました。

そのため、「一度だけの人生、それが私たちの持つすべてだ」という言葉を残しています。

彼女は神の啓示を受けた後、まさか文盲の自分にそんな使命が下されているということがなかなか信じられず、数年間悩みました。

そして、一度だけの人生を神のために使おうと決心したのです。

「あなたが何者であるかを放棄し、信念を持たずに生きることは死ぬことよりも悲しい」

彼女は神の啓示を受けて従軍し、フランスを勝利に導いた人物です。

言い換えれば、彼女は今まで負け続けだった戦いに加わり、勝利を収めたのです。

彼女は決して軍人の娘などという立場にあったわけでもなく、戦いの上では素人でした。

しかし彼女は臆することなく、戦いに挑んだのです。

神の啓示を受けた自覚を持ち、自らを乙女と呼び、信念を以って戦いました。

そこで「あなたが何者であるかを放棄し、信念を持たずに生きることは死ぬことよりも悲しい」という言葉を残したのです。

だからこそ、19歳という若さで死刑判決を受けても凛とした姿を保っていたと言えるでしょう。

「私以外にこの国を救える者はありません」

「私以外にこの国を救える者はありません」というのも、ジャンヌ・ダルクが残した言葉として有名です。

フランスを救うようにという啓示を受けたジャンヌ・ダルクは自分は乙女であり、神に与えられた使命によって、自らはフランスを救う者だという自覚を持っていました。

自分を従軍させなければフランスは勝てない、という意識を出した言葉でした。

まとめ

いかがでしょうか。

ジャンヌ・ダルクは様々な功績を残しましたが、残したのは功績だけではありません。

後世にも続く有名な言葉を残し、今もフランス国民に愛されているのです。

スポンサーリンク
joan-arcレクタングル大

joan-arcレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする