ジャンヌ・ダルクとフランス革命の共通点とは何か

ジャンヌ・ダルクとフランス革命の共通点とは一体なんなのでしょうか。

ジャンヌ・ダルクという人物を知っていますか?

フランスを救った乙女とも言われていますよね。

また、フランス革命と言えば誰もが歴史の授業で勉強する出来事の1つです。

それならば、ジャンヌ・ダルクとフランス革命の共通点はなんなのでしょうか。

ここではその共通点について解説します。

スポンサーリンク
joan-arcレクタングル大

フランスにとって重要!

ジャンヌ・ダルクとフランス革命と言えば、どちらもフランスにとっては非常に重要な歴史の1部なのです。

それがジャンヌ・ダルクとフランス革命の何よりの共通点と言えるでしょう。

ジャンヌ・ダルクはフランスをオルレアンから解放し、シャルル9世を戴冠させた人物であり、フランス革命というのは王政が廃止され、共和制を成立させた革命です。

フランス革命によってブルボン朝の国王ルイ16世と王妃マリーアントワネットが処刑されたという事は多くの人が知っていますよね。

それならば、ジャンヌ・ダルクとは一体どのような人物なのでしょうか。

そしてフランス革命とはどのような出来事だったのでしょうか。

ジャンヌ・ダルクとは

ジャンヌ・ダルクというのは1412年に生まれたフランスの軍人であり、国民的ヒロインです。

農家の娘として生まれ、読み書きさえできない少女でしたが、神の啓示を受けたということで従軍し、百年戦争で勝利を収め、フランスをシャルル7世の戴冠に貢献しました。

その後ブルゴーニュ公国の捕虜となった後イングランドに引き渡され、異端審問にかけられた上で19歳という若さで火あぶりの刑に処せられたのです。

25年後復権裁判が行われ、ジャンヌは無実であったということが宣言されました。

ジャンヌは改悛の誓いを立て、女装に戻りましたが、独房に教えて力ずくで乱暴しようとする男性から身を守るため、そしてその間にドレスが盗まれてしまい男物の服以外に着るものがなかったために男物の服を着て異端判決を受けたと言われています。

フランス革命とは

フランス革命というのは1789年にフランスで始まった革命です。

当時フランスでは啓蒙思想というものが普及しており、また、1783年のアイスランドのラキ火山噴火によって有害物質がヨーロッパに撒き散らされ、特に1785年以降はヨーロッパ各地で被害がありました。

それによってフランスも農業が1人は飢餓と物価高騰に頭を抱えていたのです。

フランス王国は深刻な財政難にあり、そんな人々から税金をとっていたのです。そのような様々な事情が原因となりフランス革命が起こりました。

ブルボン朝の国王ルイ16世と王妃マリーアントワネットが処刑され、王政が廃止され、共和制となったのです。

まとめ

いかがでしょうか。

ジャンヌ・ダルクとフランス革命と言えば、フランスの歴史においては非常に重要であり切っても切り離せない存在です。

もしもフランスに訪れる機会があれば、ルーブル美術館の前のジャンルの銅像やベルサイユ宮殿を訪ねてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
joan-arcレクタングル大

joan-arcレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする