ジャンヌ・ダルクとジルドレイ関係とは

ジャンヌ・ダルクの戦友の中にジルドレイという人物がいます。

このジルドレイは、ジャンヌ・ダルクとどのような関係だったのでしょうか。

ジルドレイは百年戦争のフランスの貴族、軍人でした。

本名はジル・ド・モンモランシ・ラヴァルと言います。

このジルドレイという人物はどのような活躍をしたのでしょうか。

ここではジャンヌ・ダルクとジルドレイの関係について解説します。

スポンサーリンク
joan-arcレクタングル大

ジルドレイについて

ジルドレイは1405年ごろ、シャントセで生まれました。

父はブルターニュ地方の貴族であり、アンジュ―領主に使えるという由緒正しい家柄の人物でした。

母もブルターニュ地方やアンジュ―領主との関係があり、ジルドレイはその間に生まれたわけですから、両方の領地を受け継ぐことになったのです。

しかし11歳で母を亡くし、父も狩りの最中に命を落としたことにより、悪行を重ねていた祖父に引き取られたのです。

それによって父の教育方針は無視され、放任されました。

軍人としての活躍

1429年、オルレアンのたたかいでジャンヌ・ダルクに協力し、ラ・イルらと一緒にパテーの戦いでも活躍をしました。

救国の英雄とも呼ばれ、フランス軍を勝利に導いているのです。

最初はラ・トレモイユにジャンヌ・ダルクの監視役として命じられましたが、徐々にジャンヌの活躍を認めるようになり、協力するようになったとされています。

シャルル7世がランス聖堂で戴冠する時には元帥として参列しましたが、パリ包囲戦を最後にジャンヌ・ダルクには会っていません。

荒れていく人生

その後、ジルドレイは軍人としての活躍はしていません。

取れも胃兪の命令で土地を奪い、イングランドに捕虜として捕まったジャンヌ・ダルクを助けようと試みたりしましたが、うまくいきませんでした。

残された財産を使い果たし、詐欺まがいのこともしています。

幼い少年たちを何百人と拉致し、虐殺したとも言われています。

浪費生活をした後は借金を重ね。1440年7月には告発状が出され、9月には逮捕されました。

公開裁判で絞首刑が決まり、処刑されたのです。

まとめ

いかがでしょうか。

ジャンヌ・ダルクとジルドレイはともにオルレアンの戦いとパテーの戦いで活躍した占有という関係がありました。

また、二人とも処刑されたという意味でも関係がありますね。

パリ包囲戦以降はジャンヌ・ダルクが戦友たちと会うことはありませんでしたが、彼女は彼らをとても心強く思い、信頼していたと言われています。

そのような人びとが処刑されたとは、非常に残念な歴史の一部と言えるでしょう。

スポンサーリンク
joan-arcレクタングル大

joan-arcレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする