ジャンヌ・ダルクが歴史を変えた!?彼女はどのように活躍したのか

いつの時代においても、偉人というのは歴史を変えた人物として紹介されます。

それならば、ジャンヌ・ダルクはどのように歴史を変えたのでしょうか。

そして彼女はどのように活躍したのでしょうか。

ジャンヌ・ダルクは一般的にオルレアンの乙女として知られていますよね。

ジャンヌ・ダルクが生まれたドンレミ村は彼女のニックネーム、オルレアンの乙女から「オルレアンのドンレミ村」と呼ばれています。

それならば、ジャンヌ・ダルクは歴史においてどのように活躍したのでしょうか。

ここでは彼女の活躍について解説します。

スポンサーリンク
joan-arcレクタングル大

フランスを救った

ジャンヌ・ダルクと言えば、フランスを救った乙女として知られています。

当時、フランスとイギリスの間では100年戦争が行われていました。

特にジャンヌ・ダルクが生まれた時代はイギリスが優勢であり、フランスはなかなか戦いに勝つことができなかったのです。

またジャンルが参戦したことによって勝利を収めたオルレアンの戦いにおいてはイギリスの方が優勢で、フランスはなかなか勝てなかったのです。

それなのにジャンヌ・ダルクが加わったことにより、オルレアンの戦いは9日でフランスの勝利となりました。

このようにジャンヌ・ダルクはフランスが勝利する上で歴史的な活躍をしたのです。

シャルル7世の戴冠

ジャンヌ・ダルクの活躍の1つとして、シャルル7世の国王としての即位が挙げられます。

シャルル7世をここにするという事はジャンヌ・ダルクが神から命じられた事でもありました。

ジャンヌ・ダルクと出会った時、シャルル7世は国王ではなく王太子でした。

彼は最初ジャンヌに対して懐疑的でしたが、ジャンヌと話をしたことによって彼女を信じるようになったのです。

ジャンヌがイングランドに捕虜として捕まった時、彼自身はジャンヌの身代金の支払いを拒否しました。

シャルル7世が身代金を支払っていたら、ジャンヌは処刑にされなかったかもしれません。

19歳で処刑

異端審問にかけられたジャンルは、わずか19歳という若さで火あぶりの刑に処せられ、短い生涯を閉じました。

しかし、ジャンルが処刑された25年後、母親であるイザベル・ロメの要望によってジャンヌの無実を証明するための復権裁判が開かれたのです。

そして彼女の無実が宣言されました。

その時点ではジャンヌに死刑判決を下したカトリック教会の司教コーションは死亡しており、遺族が裁判に参加しました。

しかし遺族はジャンルの処刑はイギリス側の責任であると意見を述べています。

まとめ

いかがでしょうか。

小さな村に生まれ、読み書きさえできなかったような娘がフランスを救い、最後は火あぶりの刑で19年の短い生涯を閉じたのです。

そんな彼女は今はフランスの国民的ヒロインとして、多くの人に愛されています。

スポンサーリンク
joan-arcレクタングル大

joan-arcレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする