ジャンヌ・ダルクが関わった百年戦争とはどのようなものだったのか

ジャンヌ・ダルクが関わった百年戦争とは一体どのようなものなのでしょうか。

当時、フランスとイギリスは敵対関係にあり、フランスは戦いになかなか勝つことができませんでした。

そんな中でジャンヌ・ダルクが従軍し、最初にオルレアンの戦いで勝利を収めたのです。

このオルレアンの戦いは、ジャンヌが従軍するまでフランスが勝つことができませんでした。

しかしジャンヌ・ダルクが加わって9日でフランスは勝利を収めたのです。

そんな百年戦争とは一体どのようなものだったのでしょうか。

ここでは百年戦争について解説します。

スポンサーリンク
joan-arcレクタングル大

百年戦争の原因とは

百年戦争の原因は、「これ」と一言で言えるようなものではありません。

14世紀のヨーロッパにおける人口、政治、経済的な危機がこの百年戦争を引き起こしたと言われています。

具体的には、フランス王位の継承問題やイングランドとフランスのギュイエンヌ公領をを巡った問題、毛織物工業が中心となってヨーロッパの経済を支えたフランドル問題、そしてスコットランド問題もあります。

様々な原因が複雑に絡み合って起こった戦争が百年戦争です。

ジャンヌ・ダルクの登場

イングランドで折衝をしていたヘンリー6世の叔父、ベッドフォード公ジョンは財政の立て直しを図っていました。

そんな時、イングランドはオルレアンを落とし、徐々に勢力を展開させようと考えていたのです。

ジャンヌ・ダルクが台頭したのはこの頃でした。

彼女が加わるまでは勝利することができなかったオルレアン包囲網において、彼女は9日でフランスを勝利に導いてしまいまいた。

このオルレアンでの勝利が彼女の知名度を上げ、彼女は「オルレアンの乙女」と呼ばれるようになったのです。

ジャンヌ・ダルクの処刑

そんなオルレアンの戦いで活躍したジャンヌ・ダルクはシャルル7世よりパリの解放を命じられましたが、失敗してしまうことになります。

そしてコンピエーニュ包囲戦においてイングランドにより捕まり、捕虜として捕らえられてしまったのです。

一般的には身内が身代金を払って開放してもらうというやり方が行われていましたが、シャルル7世が身代金の支払いを拒否したため、彼女は証拠もないまま異端裁判にかけられたのです。

そして1431年5月30日、火刑となりました。

まとめ

いかがでしょうか。

ジャンヌ・ダルクは百年戦争に大きな影響を与えた人物と言えます。

そしてその中でもオルレアンの戦いはジャンヌ・ダルクの知名度を上げた戦いとなり、これを機に兵士たちも彼女を英雄として認めるようになりました。

スポンサーリンク
joan-arcレクタングル大

joan-arcレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする